ブログ

Blog

カウンセラー紹介

桐生大輔

臨床心理士(登録番号17860号)

公認心理師(登録番号 20499号)

東京サイコドラマ協会認定ディレクター

MWT協会ビジョントレーニング指導者1級

経歴:

工業大学を卒業。自動車レース用車両開発の職につきました。その後、会社の組織開発や対人関係、メンタルヘルスへの興味から一念発起、臨床心理学の道を歩むことになりました。愛知学院大学院修士課程(臨床心理学専修)を修了し、さらなる経験とスキル向上を目指して、大学病院精神科の臨床心理研修生となり、最新の精神医療を学びました。その後、精神科病院に勤務し、個人及び集団心理療法や心理検査に携わり、統合失調症、うつ病、不安障害、人格障害などの患者様とのかかわりを持たせていただきました。H22年に、発達障害者への理解と支援の必要性を痛感し、発達障害者支援センターに移りました。乳幼児さんから成人の発達障害をお持ちの方や周囲の方々との心理面接や心理検査、具体的な支援方法の検討と実践といった経験を積ませていただきました。また、面接室にとどまらず、地域に出向き、当事者を支える方たちとのケースワーク・地域連携などにも携わりました。その他、不登校・適応指導教室、メンタルクリニックでの子どもさんへの心理療法、静岡県・浜松市スクールカウンセラー、幼稚園・保育園への発達支援コンサルタント、聴覚特別支援学校評議委員など、医療・教育・福祉と幅広い領域で臨床心理実践をしてまいりました。

専門・得意分野:

精神分析的心理療法、子どもの精神分析的心理療法、サイコドラマ(アクションメソッド・アプローチ)、家族・夫婦療法、集団精神療法、認知行動療法(ソーシャルスキル・トレーニング、ペアレント・トレーニング)、ビジョン・トレーニング

所属学会:

日本心理臨床学会、日本集団精神療法学会、日本精神分析学会、東京サイコドラマ協会、

静岡県公認心理師協会

現職:

・株式会社コンテ 代表取締役 

みんなの心理相談室 cont-e 室長

目とカラダの発達教室 副室長

下記の企業・団体と、嘱託臨床心理士・契約をさせていただいております。

・(有) OGUshow 臨床心理コンサルタント 

・みどりのもり都田(認定こども園) 

・浜松海の星幼稚園/海の星鷺ノ宮幼稚園

・静岡県スクールカウンセラー

・医療法人社団すこやか チルドレンクリニック(小児科)

私の心理カウンセリング、そして、思い…

「カウンセリングの基本は、その人を理解すること」に、尽きると思います。その他者の心を理解し、その人を援助する、その人の役に立つという営みに対して。私たちは日々自己研鑽を惜しみません。惜しめません。それが私たちの専門性だからです。

自分自身も個人精神療法を受けて心理療法とは何か!を、体験的に学びました。現在も集団精神療法を、かれこれ十年以上続けています。その中でも、サイコドラマは私にとって有意義なトレーニングと自己成長の機会です。これは、複数の人数の人が集まって、心理的な問題をドラマとして、アクション(動作、行為)を使って表現し、問題を解決したり、内省を深める心理療法です。こうしたトレーニングは、自分の心の癖が人間関係に悪影響を及ぼしていること、そうしている原因がわかれば、問題を未然に防げたり、不必要に自分を責めることも必要ないことに気がつきました。なぜ悩みが生じるのかがわかってくれば、必要な対策が見えてきます。自分が変わる必要があることに直面すれば、それを受け入れられます。なかなか難しいですが、少なくとも他人を責めたり、人のせいにすることはなくなります。

環境など置かれている状況によって、幼い自分はそうせざるを得なかったといった意味や理由を知ります。それによって、自分をいとおしく思えたり、もう少しいたわってあげたくもなります。こうして、いまだ苦痛や不満はあるけど、何とか物事の捉え方、日常生活や対人関係の取り方を変えることができたり、そういった変化が生じてきました。こうありたい自分に近づく。私はこれを「心の成長」と表現します。

自分自身がクライエントとして、カウンセリング体験を重ねてきたことで、カウンセリングの限界や、危険性もわかります。だからこそ、みなさんに安全なカウンセリングをご提供いたします。

また、様々なカウンセラーやサイコドラマディレクターから、「共感」される経験をしてきました。この共感というカウンセラーの介入によってカウンセリングは支えられます。カウンセラーは自分の考えや価値観を押し付けることなく、私を最大限に尊重してくれました。そして、決して逃げたりすることなく、時に励まし、時の問題について気付かせてくれながら、対等に協働的に自分自身の問題に取り組ませてくれました。そうした体験を元にカウンセリングをご提供させていただきます。

クライエントの安全に細心の注意を払い、あなたを理解し、より深い共感が得られるようお話しをお訊きします。あなたの心のチャンネルに常に周波数を合わせられるよう試みます。このプロセスによって、ご自身の心の声を包み隠さずに言葉にできるように。そして、その言葉の本当の意味を理解して、自分の問題に対してこれからどうしていけばよいのか、どうありたいのか、ということに自分自身の答えを見つけていけるようにサポートしていきます。

心を成長させる…

過去への後悔、未来への不安などについて言葉にすることは辛さを伴います。そして、今自分は何を感じ、カラダはどう反応しているのか、カウンセラーと一緒に体験し、言葉にしていきます。そして、カウンセラーに共感され、言葉の意味がいろいろとわかってくる。わかってくると、さて、自分はどうするか、どうできるかとその向こうにある可能性、希望が見えてくる。カウンセリングはそういう作業です。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ